• 2006.10.26 Thursday 05:21
  • 0243 : フリーペーパーについて
最近、近しいアーティストさんたちが
自分たちで独自の冊子をやり始めていることもあって
自分もやっているフリーペーパーについてよく考えてます。

長いので読まなくてもよし。

というのも本当にフリーをうたう雑多なマガジンがありすぎる気がするのです。たぶん編集・発行している側は自分たちにしか出来ないとか、自分たちが欲しい情報がないからとか、本を作ってみたい的な初期衝動だとか。そういうところから生まれるのでしょうけども。。かく言う自分も閉鎖的に仕事の中でしか表現できない状態にちょっとした嫌気というかストレスを覚えて始めたわけですが、もちろんそこには同じジャンルでくくられるであろうマガジンとは違うロジックやコンセプトを考えたものです。オリジナルであることがフリーペーパーが最低限クリアしなきゃいけない事だと思うから。

続けていくうちにページの中で自分がビジュアル表現する事はなくなったのは、自分の中でrtrで実現したかった事は何なのか考えたときに、冊子全体のクオリティや中身の濃さを保つこと、自由な表現の場を提供していくこと、もったいないアーティストと飢えている読者に常に刺激を与えることなのかなと。(もちろん誌面が同じ表現で埋まる事で目新しさが薄れ、見飽きるというのもあったけど。)

自分が情報の受け手が見えてもいないくせに(あるいは勘違いなのか)、膨大な部数刷っているからだとか広告営業や定期購読のシステムができてるからとかはいい本の定義にはならないと思うのです。もちろん「いい本できた」と自己満足すらも出来ない冊子は論外だけど、「地域密着」・「クーポン付き」・「どこぞの有名なアーティストのCDリリースとかに合わせちゃった音楽系」・「部外者にとってどうでもいい学生主体の学生向け情報誌」・・・とっくに埋没してますよ。ビジネス的な観点でやってる求人誌やR25と同じ土俵だと自負するのは結構なことだけど、そういう広告媒体にはなれませんし、なってほしくもない。長く続けて成長してゆく体力すらもそんなにないだろうに。そんな曖昧な冊子を目にする事が多くてもう全然フリーペーパーというものをピックアップする事がなくなった。

僕のやっているrtrはかなりモチベーションと自己犠牲のもとに出来ているわけですが、そういうことを抜きにして、発行を続けておられる各編集者の皆様方と冊子に張り合う気はさらさらなく、むしろそういう観点での価値になんの興味もなくなって来ているのです。最低限、今ピックアップしてくださっている読者に新しい本が届いて、いいサイクルが生まれればいいなと思います。そんなわけでフルカラー化も無料版はたぶんずっとないでしょうし、タイアップのような記事ものも載る事はないでしょう。部数に関しては参加してくれたアーティストさんがちゃんと露出できる範囲でもう少し縮小しようと考えているわけです。(でも配布箇所は拡大していくよ。)


そんな感じで11号目を11末に出します。
編集は順調です。
comments(5) | trackbacks(0) | Posted by

Comment:
淘汰されないものこそが真のオリジナリティでしょう。

そんな感じでよろしくw
2006/10/26 9:23 AM,  Wrote by Questa
>Q
そうですよねー。
なんか長々と書いて主題の見えない文章ですいません。。
2006/10/27 4:00 AM,  Wrote by snp
>snp
全然いいでしょーw
実践だってしてるんだし、
その土台で語っていきましょ。

HUOVAもしかり。

よろしくです!
2006/10/27 5:52 PM,  Wrote by Questa
簡単な言葉だけれど、まさに「継続は力なり」
rtr受け手の立場としては、それを毎号感じます。
モチベーションを保ち続けていること。
地盤を固めていくこと。

それをrtrクルーだけでなく、アーティスト側にも同じ強い意志も感じるフリーペーパーな気がしてます。(特にモチベーションの部分に関して)
偉そうですみませんが。

それと、単純に受けてとして、つまらんな、とおもったら、
出たときに、欲しい、とは言いません。

購買しないだけに、受け取らなくてもいいということですしね、逆に。

前のを引っ張り出して読む数少ない冊子のひとつです。
これからも踏ん張っていただけると,是幸いなり、です。
2006/11/01 1:33 AM,  Wrote by hanage
>Q
だねー
その価値基準とかうまく上がっていくといいんだけどね。
ま、次の号で発揮しましょ。

>hanage
そうなんですよ、フリーだからこそ受け手の判断を飛び越えて
ピックアップしてもらってるのに、変な情報の受け売りとかだけだと、
そこに何があるのさ?と思うのですよ。
こういう話の出来る人に受け取ってもらえていると信じてがんばります。
ありがとうございますー。
2006/11/02 12:24 AM,  Wrote by snp
Add a Comment:









Trackback:
http://snp.cbc-net.com/trackback/248
Entry Navigation
Calender
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Recent Comments
Profile
TANK TICKER
Recommend Items
Recommend Items
無料ブログ作成サービス JUGEM

Copyright © 2005-2007 CBCNET™ + snp All Right Reserved.